市場調査とコンサルタンシーの今

公開日:2020年3月16日

Share:

主な内容はこちら:

  • 変わりゆく業界の様相
  • 進化を続ける調査手法
  • コンサルタントに求められるもの
  • 事例1:自社の長期戦略に影響を及ぼすトレンドとは?
  • 事例2:新規市場参入に最適なタイミングとは?
  • 事例3:ターゲット消費者を深く理解する方法とは?

わずか数年前まで、企業は事業判断をするために必要な情報を集めることに労力をかけていましたが、近年のテクノロジーの進化により、今は誰もが膨大な量の情報を収集することが可能となりました。しかしその一方で、散乱した情報をまとめ、正しい答えを導き出すことが困難となっています。

本Webセミナーでは、当社が最近実施した世界的なB2CやB2B企業のコンサルティング調査事例を用いながら、企業が今後の事業判断に、いかに調査のチカラを最大限に活用できるかを解説します。(日本語でのご視聴となります)

Speaker1 Image

サラ・マッカーサー(原案)

コンサルティング統括部長 - アジア・中東・インド

ユーロモニターインターナショナル

Speaker2 Image

竹内 愛(日本語版作成)

シニアビジネスディベロップメント・コンサルティング

ユーロモニターインターナショナル

Webセミナー視聴用URLを含むメールが自動送信されます。すぐ届かない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

あなたにおすすめ:

With/Afterコロナ時代に日本の企業が再考すべき消費者トレンド

本ウェビナーでは、各界で活躍されているゲストスピーカー3名をお迎えし、日本の企業の皆様にとって最も関心の高い3つの消費者トレンドを取り上げ、国内外の企業における具体的な取り組み事例や課題についてお話を伺います。